スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
経済の変動や雇用環境の変化のあおりを受けて、
家計を見直している人も多いのではないでしょうか?

毎月の出費から住宅ローンや教育費など、
形状的な経費としてどうしても削れないものを除いていくと、
各種保険などが、どうしても見直すべき対象になってくるようです。

その意味では、これまで十分理解もせずに、
わからないけど安心のためと払い続けてきたというのが保険料かもしれません。

・ もしかして払い過ぎていないかしら?
・ これから保険に入り直すならどんな保険?
などと、見直しや選び方について、こうした時こそ、今一度見直してみましょう。

その為に、まず数ある保険の種類を知る必要があります。

一言で「保険」と言っても、その目的はいくつかあり、
大きく分けると
 ・ 死亡保障
 ・ 老後のための貯蓄
 ・ 医療保障
などに分ける事ができます。

死亡保障とは、
被保険者が死亡したり高度障害になった場合に保険金が支払われるもので、
代表的なものが「定期保険」「終身保険」などです。

つぎが、老後の資金や貯蓄を目的とする保険で、
 ・ 養老保険
 ・ 個人年金保険
 ・ 学資保険
等がこうした保険の仲間に入りります。

これは被保険者が一定の年齢になった時に支払われますが、
事実上の積み立て貯金のようなものです。

最後が、医療保障ですが、
病気やケガをした場合に保険金が支払われるもので、
 ・ 医療保険
 ・ がん保険
等がこれに含まれます。

がん保険とは、対象を「がん」に特定した保険ですが、
もちろんそれ以外の医療保険ではがんになっても
一切保障がないというのではないので心配はないと思います。

但し、保険料などと疾病の間に、
掛け金に違いが出てくるでしょうが・・・・。。。

こうしたほとんどの保険は、基本の主契約に対して、
特約として災害や疾病時の保障を付けることもできるようになっています。

保険各社は、様々な観点から次々と新しい保険商品を売り出します。

その意味では、保険の選び方にも迷う時代ですが、
ご自身の生活環境を考え、入ろうとする保険の種類に応じた特徴をよく理解し、
自分の利用目的に合っていると納得できる商品を選んでください。

腸内環境などを考慮した健康な生活を送っている人には、
過剰なストレスを感じない限り、がん保険は必要がないかもしれませんが。。。。。

ただし、食生活などから注意しないと、
最近はやりの流動性食道炎になる人がいるかもしれません。

食事内容や姿勢、肥満には十分ご注意下さい。
がん保険 2012/06/06(水) 08:59 記事URL COM(0)
卵巣がんの治療方法には、
・ 外科療法
・ 放射線療法
・ 化学療法 などがあります。

ここでは、卵巣がんの外科療法についての説明をしましょう。

卵巣がんは手術により確実に診断ができます。

卵巣がんというのは、比較的抗がん剤が効きやすいものですが、
診断が難しいがんでもあります。

このため、手術をすることで、がん細胞のタイプや
がんがどの程度広がっているのかがわかり、手術後の治療方針を決めることができます。

卵巣がんの手術は、ガン自体の転移の状態や患者の年齢などによって異なります。

下記の方法のうち、通常は卵巣の切除と大網(たいもう)の切除が行われます。
さらに、後腹膜リンパ節郭清(かくせい)や腸管などを一緒に切除することもあります。

(1) 卵巣の切除
片側の卵巣や卵管だけの切除、両側の卵巣、卵管、子宮を含め切除する方法があります。

(2) 大網切除
大網(胃から垂れ下がり、大腸・小腸を覆う大きな網のような脂肪組織)は
卵巣がんの転移が最もよく起きる組織です。

大網を切除しても、実害はありません。

(3) 後腹膜リンパ節郭清
卵巣がんの転移が起こりやすい部位のひとつが、後腹膜リンパ節です。
後腹膜とは、大動脈、下大静脈、腎臓、尿管などがある場所を指します。

リンパ節郭清とは、がん細胞がリンパ節を通り転移するのを防ぐため、
周辺のリンパ節やリンパ管をすべて切除することです。

(4) 腸管などの合併切除
腹腔内のがんの転移をできるだけ抑えるために、
大腸、小腸、脾臓などを卵巣がんと一緒に切除する場合があります。
卵巣がんの治療 2011/05/31(火) 01:08 記事URL COM(0)
がんの病期、即ちステージというのは、がんの進行の度合いを表しています。
がんが現在どのくらい体に広がっているかによって、もちろん治療方針が変わってきます。

そこで、認識しておきたい卵巣がんのステージは、下記の通りです。

・I期

がんが片側、もしくは両側の卵巣にだけに留まっている状態。
以下のいずれかの場合がI期となります。
  ・卵巣表面にがんが認められる場合
  ・腹水の細胞診断で悪性と判断された場合
  ・被膜破綻

・II期
がんが卵巣の周囲(骨盤内の卵管、子宮、直腸、膀胱など)の腹膜に転移している状態。
腹膜とは、内蔵の表面を包んでいる膜のことで、腹膜と腹壁の内側の膜がひとつながりになり、腹腔と呼ばれる大きな袋を作っています。
IIa期: がんは子宮・卵管の両方もしくは片側へ広がっています。
IIb期: 骨盤内のその他の膀胱・直腸など骨盤内組織に広がっています。
IIc期: がんが骨盤にある組織に進展し、腹水や腹腔洗浄液が悪性細胞陽性のもの。

・III期
がんが卵巣の周囲(骨盤内)の腹膜だけではなく、骨盤外の上腹部や後腹膜リンパ節に転移している状態。
後腹膜とは、大動脈、下大静脈、腎臓、尿管などがある場所です。
IIIa期: がん細胞が腹膜の表面に広がっている状態。
IIIb期: 腹膜に広がっているがんが直径2cm以下の状態。
IIIc期: がんがリンパ節に転移し、腹膜に広がっているがんが直径2cm以上の状態。

・IV期
卵巣がんが腹腔外に転移しているか、あるいは肝臓に転移している状態。

I、II期は手術で完全に切除できます。
しかし、III、IV期は手術だけでは完全に取り除くことができません。
卵巣がんの症状 2011/05/01(日) 01:08 記事URL COM(0)
がん保険とは、がんによって入院したり所定の手術を受けた場合に
給付金を受け取ることができる保険です。

しかし、死亡してしまった時、死亡保障付きのものもありますが、金額は少ないようです。
それでも、がん保険は今もっとも注目されていて、人気のある保険です。

では、一体なぜなんでしょうか?

日本にあるがん保険は、1974年に
外資系の保険会社が販売し始めたことがきっかけだと言われています。

がんという病気は、以前は治療も難しい恐ろしい病気でした。
その為か、死亡保険金が出るタイプの保険がほとんどだったのだそうです。

しかし現在では、医療も進歩していますし、治らない病気とは言われなくなりました。
医療技術の進歩などで、早期発見ならば治る病気になってきたわけです。

そこで、手術や入院で治るのならば、
手術にかかる費用や入院にかかる費用を準備しなければいけません。

近頃は、ガン治療には高度な技術をつかった
最先端の治療も増えてきているため、多額の費用がかかります。

ですから死亡保障があるものよりも、
がん診断給付金の保障が手厚いものに加入する方が増えています。

日本人の死因のトップを占めるのは、がんです。

そのがんは、今後ますます増加すると言われていて、
10年後には2人に1人ががんになるとも言われています。

恐ろしい数字ですね!

しかし、早期発見なら治る病気なのですから、
お金の心配をせずにすぐに治療を始めたいというのは誰しも考えます。

このような時代の背景があるため、がん保険は人気が上がっています。

旅行用品/野菜ソムリエ/美肌/スキンケア/小田切春江/姓名判断 大吉/wii プレゼント/婚活/オリジナルフィギュア/
がん保険 2011/04/05(火) 10:40 記事URL COM(0)
体内に腫瘍ができると、
腫瘍から健康時には見られない特殊な物質が作られて血液中に現れてきます。
腫瘍マーカーというのは、この特殊な物質を指しています。

がんが発生した臓器と腫瘍マーカーは、深い関連性があり、
血液中に腫瘍マーカーが多く、発生した時にはがんの発生が推測できます。

腫瘍マーカーは、がんの早期の場合には陽性と診断されないことが多く、
逆に陽性であってもがんでない場合もあります。

腫瘍マーカーは、健常者の血液中にも微量、時には高い値を示すこともあるのです。
そのため、腫瘍マーカーはがんの早期発見の手段としては使わず、
がん診断の補助的な手段として、そしてがんの進行を診るうえでの指標として使います。

血液中に微量に存在する糖タンパクであるCA125は、腫瘍マーカーの一項目です。

このCA125という腫瘍マーカーの測定は卵巣腫瘍の良性、悪性の判定に役立ちます。

卵巣がんの最も多いタイプ、漿液性(しょうえきせい)腺がんは、
この腫瘍マーカーであるCA125が、高い値を示します。

血液中のCA125は、卵巣がんに比較的特異性の高い腫瘍マーカーだといえます。

転移のある卵巣がんでは、ほとんどの人はCA125が陽性です。

卵巣がんの方の多くは、
非常に高値になるため、血液検査のみでと判明する場合もあります。

しかし、早期の卵巣がんでは、CA125は陽性になる確率は低く、
若い女性の中には軽度陽性であっても、がんのない人も存在します。
卵巣がんの早期発見においては、CA125はあまり役立つデータではありません。
卵巣がんの検査 2011/04/04(月) 15:41 記事URL COM(0)
卵巣がんの初期は、ほとんど症状がない為、卵巣がんの2/3は転移してから見つかります。

卵巣がんには、
・ 転移しやすいがん
・ 転移しにくいがん
とがあります。

転移しにくい卵巣がんとは、
腫瘍がまだ小さいうちは、子宮の定期健診などで発見されることがあります。

腫瘍が大きくなると、
下腹部にしこりや圧迫感、膀胱圧迫による頻尿などの症状が出てきます。

このような自覚症状によって異常に気付き、
エコー(超音波)検査を受けて、卵巣がんの早期発見につながることがあります。

転移しやすい卵巣がんでは、卵巣内で、
まだあまり大きくならないうちに転移してしまいます。

腹水のためにお腹が大きくなり、胸水による息切れなど、
転移による症状により異変に気づくことが少なくありません。

卵巣がんの転移で一番多いのは、腹膜播種(ふくまくはしゅ)です。
卵巣の表面から、がん細胞が腹膜全体に広がっていきます。

腹膜播種は卵巣近くだけでなく、
卵巣から一番遠い腹膜である横隔膜にもよく見られます。
がんが、横隔膜から胸腔内に広がると、胸水が貯まってしまいます。

リンパ節転移により、腹部大動脈の周りのリンパ節や骨盤内のリンパ節が腫れて、
次第に胸や首のリンパ節へと広がることもあります。

転移のない卵巣がんは、手術だけで治療できますが、
転移のある場合には手術と併行で化学治療も行われます。

診察やエコーで腫瘍が見つかっても、それだけでは良性・悪性の判断できません。
適切な判断をするためには、画像診断や腫瘍マーカーが用いられます。
画像診断においては、エコー検査、MRI、CTなどが行われます。
卵巣がんの症状 2011/03/26(土) 12:38 記事URL COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。